中学受験と保護者

中学受験と保護者

中学受験をする生徒の保護者の方はどう子供に接するべきでしょう。
志望校合格に向かって熱心にひたすら勉強させればいいのでしょうか。
多すぎる課題や宿題はかえってお子さんの負担になります。
やる気を削がれるだけでなく、健康面でも危害を及ぼしかねません。
大量の課題を出されると、子供たちは期待にこたえようと必死に頑張ります。

やらなければ怒られる、頑張ったねと褒められたいというように、それぞれ理由はあるでしょう。
しかし、膨大な数の課題をこなそうと深夜まで起きて勉強をし、寝不足のまま学校や塾に通うということの繰り返しでは、また大量の課題を深夜までやり続けるという悪循環に陥ってしまいます。
眠たい頭では、いくら勉強しても身につきませんし、勉強の効率も悪いです。

勉強が大好きで自ら進んでやっているのならば無理にやめさせることはできませんが、そのようなお子さんはほんの一握りでしょう。
受験が好きだなんてそうそういません。
毎日いやいや頑張って勉強を続けていれば、体力も精神力もいつか限界がきてしまいます。
肝心の中学受験当日までに悪影響が出てもおかしくありません。

中学受験というプレッシャーを抱える子供をどうサポートしていけばいいのでしょうか。
これは親御さんへの課題でもあると言えますね。

最新情報

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。